不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

三井不動産リアルティ、宝塚市駐車場にハイブリッドソーラーシステムを導入

2013/3/24 09:00

太陽光発電で場内照明の使用電力を100%供給
三井不動産リアルティと宝塚市は3月22日、環境配慮型駐車場として、「『三井のリパーク』宝塚市立スポーツセンター前駐車場」(兵庫県宝塚市小浜1丁目)にハイブリッドソーラーシステムを導入したことを発表した。

同システムの導入で、場内照明に使用する電力を、太陽光発電で最大100%供給することが可能となるという。

*画像はニュースリリースより
ハイブリッドソーラーシステム導入で環境への負荷を軽減
宝塚市では、市有地の有効活用を図るために土地利用条件付(駐車場用地)賃貸借事業の公募を行い、三井不動産リアルティを民間駐車場事業者として選定。駐車場には、太陽光発電によって消費電力を大幅に削減できるハイブリッドソーラーシステムを導入、駐車場全照明へのLEDの採用等、環境への負荷の軽減を図る設備が導入された。

ハイブリッドソーラーシステムは、日照時に8枚のソ-ラーパネルで太陽光による発電を行ない、蓄電された電力で日没後の看板・照明機器を点灯させるシステム。 年間最大約1,840kwhの電力を発電することができ、約761kgのCO2排出量の削減が見込めるとしている。

外部リンク

三井不動産リアルティ、宝塚市 ニュースリリース
http://corp.mf-realty.jp/news/2012/20130322_02.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東芝、横浜スマートシティブロジェクトのビル部門、エネルギー最適化実証に参画 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。