不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

JREITの資産総額9兆円超。東急不動産「TOREIT」公表

2012/11/13 16:00

不動産投資市場、回復維持
東急不動産株式会社は11月9日、第20回「TOREIT」四半期報告を公開した。「TOREIT」は、J-REIT上場投資法人が開示する情報をデータベース化したもので、東急不動産はこれを元に分析・調査した結果を四半期毎にまとめて発表している。

7~9月のJ-REITは資産総額、規模いずれも増加傾向が続いた。物件数は前期比38件増の2,041件で、増加幅は1,000億円以上。資産総額は9兆0,371億円だった。

取得時鑑定キャップレート0.3ポイントUP
取得物件は43件(1,182億円)、売却物件は5件(81億円)。取得時鑑定キャップレート(還元利回り)は、前期比0.3ポイントアップの5.7%となった。

地方の共同住宅の取得が目立ち、共同住宅はほとんどのエリアで横ばい又は、上昇した。不動産市況の回復傾向は継続している。

物件の収益力を表す指標である運用時NOI利回りは、5.7%と変動なし。一方で、鑑定キャップレートは、半年間に全物件平均4.0bp(ベーシスポイント)下落し、平均5.49%だった。

外部リンク

東急不動産株式会社ホームページ
http://www.tokyu-land.co.jp/

ニュースリリース/東急不動産株式会社
http://www.tokyu-land.co.jp/news/2012/index_005.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住宅金融支援機構 住宅取得者の耐久消費財購入実態を報告 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。