不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京都の新設住宅着工戸数、4か月連続で増加

2021/6/9 12:00

持ち家は5か月連続、借家は3か月連続の増加
東京都は6月4日、2021年4月における「新設住宅着工統計」を発表した。

統計によると、4月に都内で新設された住宅着工戸数は1万2176戸だった。前年同月比では持家、貸家、分譲住宅の全てが増加し、全体で4.8%のプラス。4か月連続で増加している。

利用関係別の動向をみると、持ち家の着工戸数が1363戸。前年同月比で18.5%増となり、5か月連続の増加となった。

貸家の着工戸数は5819戸だった。前年同月比5.6%増で、こちらは3か月連続で増加している。

分譲住宅の着工戸数は4951戸。前年同月比3.9%増加し、2か月連続の増加となった。分譲住宅の内訳をみると、マンションは3423戸。前年同月比8.7%増となり、2か月連続で増加している。一方、一戸建ては1512戸だった。前年同月比で4.1%減少し、10か月連続で増加が続く。

都心3区は68.6%の大幅減
地域別の住宅着工戸数をみると、都心3区(千代田区・中央区・港区)は95戸だった。前年同月比で68.6%減と大幅にダウン。3か月連続の減少となった。

都心10区(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・渋谷区・豊島区)の着工戸数は3298戸だった。前年同月比3.0%増となり、2か月振りに増加へと転じた。

東京23区部全体の住宅着工戸数は9597戸。前年同月比で10.6%増加し、3か月連続で増加が続いている。

市部は2518戸。前年同月比13.1%減を示し、こちらは3か月連続で減少している。

外部リンク

東京都のプレスリリース
https://www.metro.tokyo.lg.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「2013年の消費意欲と住宅需要に対するアベノミクスの影響調査」について発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。