不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

目黒区、1億5800万円。「月例新築マンション動向」2021年2月速報データ

2021/3/21 14:00

東京23区における新築マンションの動向を発表
株式会社マーキュリーは、2021年3月18日、プレスリリース『月例新築マンション動向』の2021年2月実績の速報データを発表した。

『月例新築マンション動向』は、同社運営メディア『Realnetニュース』の独自調査による新築分譲マンションの最新動向として、発表されているもの。今回の速報では、東京23区における新築マンションの動向が明らかにされている。

高額物件の供給により価格が上昇した目黒区
今回の発表によると、2021年2月の東京23区では1067戸の新築分譲マンションが供給された。この供給数は、前年同月の実績である1403戸と比較した場合、マイナス24%となる。

2月実績において同社は、目黒区の平均価格が1億5800万円に達したことに注目。この価格上昇は、『ザ・パークハウス中目黒小川坂』や『ザ・パークハウス目黒青葉台』といった高額物件の供給により生じたと考察している。なお同区の平均価格変動率は、前年同月比でプラス91%に達した。

一方、文京区・墨田区・品川区・大田区・杉並区・荒川区・足立区・葛飾区の8行政区においては、2021年2月に新築マンションの供給は行われなかった。

今後も、サービス拡大と利便性向上に努める
株式会社マーキュリーは、ビッグデータやAIなどのテクノロジーを活用し、不動産マーケティングプラットフォームを提供している企業。多面的なサービスを提供する『Realnet』も運営しており、『Realnetニュース』ではビッグデータを活用したレポートなども配信している。

同社は今後も、サービス拡大と利便性向上に努めるとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

【月例新築マンション動向(速報値)】2021年2月号発表 - 株式会社マーキュリー
https://mcury.jp/pressroom/1038/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

タス、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2017年7月」を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。