不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

iYell子会社、ジャパンネット銀行で住宅ローンの取扱件数増加を支援

2020/7/18 14:00

『住宅ローンプラットフォーム』を提供開始
iYell株式会社は、2020年7月15日、同社子会社がジャパンネット銀行に対して『住宅ローンプラットフォーム』の提供を開始したと発表した。

この提供を行うのは住宅ローンの窓口株式会社(以下「JLM」)であり、ジャパンネット銀行における住宅ローンの取扱件数増加を支援するとしている。

見込み客データが自動的に流入
iYellは、子会社を含めたグループにおいて『住宅ローンプラットフォーム』の提供を手がけている。この『住宅ローンプラットフォーム』は、金融機関へ住宅ローン案件の紹介を行うもの。これまで、住宅ローンの主たる営業手法が直接相談であった金融機関に、新たな営業チャネルを提供している。

『住宅ローンプラットフォーム』では、iYellが運営する『いえーる ダンドリ』『住宅ローンの窓口ONLINE』のデータを活用。また、多数の外部メディアとも提携することで、住宅購入・住宅ローン借り換えの見込み客データを自動的に流入させることを可能にしている。

今後も、地方金融機関を中心に提携を推進
現在、事業維持・成長を目的としたITの活用は、以前にも増して注目を集めている。「住宅ローンテック企業」を自認するiYellにも、多くの金融機関から問い合わせが寄せられるようになったという。ジャパンネット銀行への『住宅ローンプラットフォーム』提供も、こうした動きの中で実施された。

iYellは今後も、地方金融機関を中心に提携を推進し、住宅ローン件数増加などを支援するとしている。

外部リンク

iYellグループ、ジャパンネット銀行の住宅ローン取扱件数増加を支援 - iYell株式会社
https://iyell.co.jp/japannetbank_202007/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

放置空き家を優良物件へ。タープ不動産情報、「空き家問題解決プロジェクト」6月開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。