不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

新型コロナで首都圏マンション発売戸数、過去最低を更新-不動産経済研究所調べ

2020/6/22 03:00

5月の発売戸数は82.2%の大幅減
不動産経済研究所は6月18日、2020年5月度の「首都圏のマンション市場動向」を発表した。

これによると、5月の首都圏におけるマンションの発売戸数は、393戸だった。新型コロナウイルスの感染拡大が大きな影響を及ぼしており、前年同月比で82.2%と大幅に減少。過去最低を更新した。

契約率は前年同月比で12.3ポイント上昇の72.3%。3か月連続で上昇している。

地域別の発売戸数をみると、東京都区部が前年同月比69.6%減の235戸、都下が同89.8%減の35戸、神奈川県は同83.4%減の79戸、埼玉県は同91.3%減の24戸、千葉県は同93.9%減の20戸となっている。

マンション平均価格は6.4%上昇の6485万円
1戸当たりの平均価格は、前年同月比6.4%上昇の6485万円。平米当たり単価も同21.3%上昇し、108.4万円だった。

地域別の1戸当たり平均価格は、東京都区部が前年同月比1.2%下落の8725万円、都下が同26.1%下落の4159万円、神奈川県は同0.5%下落の5064万円、埼玉県は同26.7%下落の6311万円、千葉県は同17.0%下落の3880万円となっている。

即日完売物件はなかった。5末時点の販売在庫数は、前月末比22戸減の7773戸。2020年6月の発売戸数は、1000戸の見込みである。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

2012年7月発表の首都圏&関西圏の賃貸住宅の空室率は? のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。