不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京、世界都市ランキングで5位を獲得-JLL調べ

2017/10/30 05:00

様々な視点から世界の都市を分析・比較
総合不動産サービスのジョーンズ ラング ラサール(JLL)は10月23日、The Business of Citiesとの共著によるレポート「都市パフォーマンスの解読」を発表した。

世界の都市を「企業のプレゼンス」、「ゲートウェイ機能」、「市場規模」、「インフラ基盤」、「人材」、「専門性とイノベーション」、「ソフトパワー比較インデックス」の7項目で分析し、都市の現状や発展レベル、新たなトレンドを不動産の観点から世界の都市のパフォーマンスを比較・分析したもの。

また、JLLは成功する都市の条件として「イノベーション」、「人材」、「インフラ」、「長期的思考」、「すぐれた運営」、「透明度」、「スマートシティ」、「負担可能な不動産コスト」、「ブランドイメージ」、「グローバル化」の10点を掲げている。

東京、世界最高水準のグローバル都市「ビッグ7」に指定
レポートによると東京は、競争力のある世界都市ランキングで5位と上位にランクイン。2015年調査時で確立された世界都市「ビッグ6」の地位を獲得したのに引き続き、今回も世界最高水準のグローバル都市「ビッグ7」の地位を得た。

東京はこの10年間スコアを下げていたが、直近では回復基調を示している。2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、大規模なインフラ整備が進められているのが主な要因だ。

東京は成功する都市10条件では「イノベーション」と「人材」で2位、「スマートシティ」で10位、「負担可能な不動産コスト」で6位、「ブランドイメージ」で8位にランクインしている。その一方で、「透明度」は19位、「インフラ」は13位に留まった。

JLLは、
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、不動産市場の透明度向上、インフラ整備やさらなるグローバル化が期待される
(プレスリリースより)

と指摘している。

(画像はプレスリリースより)
画像の出所:The Business of Cities, JLL, 2017

外部リンク

ジョーンズ ラング ラサール株式会社
http://www.joneslanglasalle.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏、下落が継続。「中古マンション70平米価格月別推移」2020年4月版 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。