不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

次世代住宅ポイント制度の申請戸数1万3862戸

2019/9/22 02:00

消費税10%に備えた住宅購入支援制度
国土交通省は9月17日、2017年8月末時点における「次世代住宅ポイント制度の実施状況」を公表した。

「次世代住宅ポイント制度」とは、消費税率10%引き上げのために、政府が実施する住宅取得対策である。消費増税後の住宅購入などを支援するため、住居性能などの条件をクリアした住宅の新築やリフォームに対して、商品と交換できるポイントを付与する。

申請通過戸数は1万618戸
国土交通省の調査によると、2019年月末時点におけるポイント申請戸数は、新築が1万1836戸、リフォームが2026戸で、合計で1万3862戸だった。

なお、8月のみの申請戸数は、新築が5300戸、リフォームが686戸、これらの合計が5986戸だった。

申請受付後、審査を通過してポイントを発行し戸数とポイント数は以下の通りとなっている。

新築が8869戸、30億9762万5000ポイント。リフォームが1749戸、6194万5000ポイント。これらを合計すると、申請通過戸数は1万618戸、31億5957万ポイントとなる。

8月のみのポイント発行戸数と、ポイント数は、新築が3942戸、13億7513万6000ポイント。リフォームが728戸、3103万8000ポイント。これらを合計すると4670戸、14億617万4000ポイントとなる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

国土交通省のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001307408.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「平成25年12月及び平成25年第4四半期の新設住宅着工」と「平成25年の新設住宅着工」を発表、東京都 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。