不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

国交省、7月分「木造3階建て以上戸建て等住宅」2,397棟 前年比88.2%

2012/9/29 17:00

7月分「木造3階建て以上・丸太組構法建築確認統計」
国土交通省は9月28日、平成24年7月分「木造3階建て以上・丸太組構法建築確認統計」について公表した。

木造3階建て以上戸建て等住宅は、2,397棟で、前年2,719棟の88.2%。木造3階建て以上共同住宅は68棟 691戸で、前年85棟 714戸と比べ、棟数で80.0%、戸数で 96.8%。丸太組構法は、51棟で、前年56棟の91.1%となっている。

木造3階戸建て:防火地域内36棟、準防火地域内1,729棟
建設地域については、防火地域内の、木造3階建て以上戸建て等住宅は36棟(前年比97.3%)、木造3階建て以上共同住宅は6棟(前年比600%)、準防火地域内の木造3階建て以上戸建て等住宅は1,729棟(89.4%)、木造3階建て以上共同住宅は33棟(66.0%)。

「木造3階建て以上・丸太組構法建築確認統計」は、3階建て以上の戸建て等住宅・共同住宅について、一定の技術基準、耐火構造仕様のもとに、防火地域における建設や4階建て以上の建設の可能性が拡大され、また、丸太組構法の技術基準に適合する建築物について建設が可能となったことから、動態把握のため、該当する建築物の建築確認申請の有無を調査するもの。

外部リンク

国土交通省 「木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について(平成24年7月分)」
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000409.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

国交省、「平成26年度 住宅経済関連データ」を公表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。