不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

MIDリート投資法人、平成26年6月期決算発表

2014/8/27 12:00

一口当たり分配金は6,318円
MIDリート投資法人は8月19日、平成26年6月期(平成26年1月1日~平成26年6月30日)の決算を発表した。MIDリート投資法人は、大阪圏のオフィスビルに重点投資するJ-REITで、スポンサーは関西電力。

決算短信によると平成26年6月期の純利益は、対前期比1.3%減益の11億6,000万円。一口当たり分配金は、前期より90円減の6,318円となった

(画像はプレスリリースより)

次期の一口当たり分配金は5,800円の見込み
平成26年6月期は不動産等の売買は行わなかったが、テナントの動きは活発で、新規にテナントを獲得。当期末時点の稼働率は前期比1.9ポイント上昇し、98.0%となった。

しかしながら、ポートフォリオの中核となるツイン21、松下IMPビルが立地する大阪ビジネスパーク(OBP)は、取引利回り、地価動向ともに横ばいで推移。大阪のオフィス賃料が思うように伸びないことや、築年数を経過している既存物件では修繕工事費等も増加しており、増収には至らなかった。

次期となる平成26年12月期(平成26年7月1日~平成26年12月31日)の業績予想では、純利益が今期より8.2%減益の10億6,500万円、一口当たり分配金は5,800円となる見通しだ。

外部リンク

MIDリート投資法人のプレスリリース
http://www.midreit.jp/news.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ソニー不動産、独自の仲介料などを目玉に営業開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。