不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

JLL「2014年第1四半期・ 世界の不動産投資額」(確報)を発表/都市別投資額は東京が1位

2014/5/12 18:00

2014年第1四半期世界の商業用不動産投資額は前年同期比26%増
総合不動産サービス大手のJLLグループは5月7日、「2014年第1四半期・ 世界の不動産投資額」の確報を発表した。

2014年第1四半期の世界の商業用不動産投資額は、1,360億ドルで前年同期の1080億ドルに比べ26%増。内アメリカ大陸が620億ドル(前年同期比+63%)、EMEAが510億ドル(同+19%)、アジア太平洋地域が230億ドル(同-15%)。

日本の商業用不動産投資額は、122億ドルで、前年同期比15%増。円建てでは28.5%増の1兆2,540億円となっている。

(画像はプレスリリースより)

東京に対する高い投資意欲を示す
また、都市別投資額では東京が、ロンドン、ニューヨークを抑え、第1位となった。東京の2014年第1四半期投資額は101億ドル(前年同期59億ドル)となり、2位のニューヨーク69億ドル(同52億ドル)、3位のロンドン63億ドル(同63億ドル)に大差をつけての1位で、東京に対する高い投資意欲を示している。

2014年第1四半期の、投資活動が最も活発な世界10都市については、東京、ニューヨーク、ロンドンに続き、4位パリ43億ドル、5位ロサンゼルス36億ドル、6位ワシントンDC33億ドル、7位シカゴ26億ドル、8位フィラデルフィア24億ドル、9位サンフランシスコ20億ドル、10位ボストン18億ドルの順となっており、アジア太平洋地域では、唯一東京だけがトップ10にランク入りしている。

外部リンク

JLL プレスリリース
http://www.joneslanglasalle.co.jp/Japan/JA-JP/Pages/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「消費税増税に関する住宅検討意向調査」を実施、リクルート のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。