不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

集合住宅に住むペットオーナーの理想の住まいは?

2014/3/29 18:00

ペットためにリフォームするオーナーも
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区)は、「ペットオーナーの住まいへの意識調査」を実施した。ペットを飼っている男女1187人に、インターネットによるリサーチをおこなった。

ペットのためにリフォームをしたという回答は、全体の9.3パーセント。リフォームを検討しているという回答は10.5パーセントと、全体の2割のペットオーナーがリフォームに関心をもっている結果であった。

また自由回答で、リフォームをした場所、検討している場所などについても質問した。

1位 ペット用フロアリフォーム(22.5パーセント)
2位 ペットドアリフォーム(16.2パーセント)
3位 ペット専用ルームの改築、増築(9.2パーセント)

(画像は公式サイトより)

理想はペットがのびのびできる広さ
さらにペットと暮らす住宅として重要なことについて、一戸建てに住むオーナーとマンション・アパートなど集合住宅に住むオーナーに分けての回答も集計している(複数回答)。

一戸建てのオーナーからの回答で一番多かった回答が、周辺環境がペット飼育に適している(50.9パーセント)であった。こちらは、集合住宅に住むオーナーからも44.1パーセントの回答であった。

集合住宅に住むオーナーの回答の上位は、防音性が高い(51.4パーセント)、室内空間の広さ、間取り(44.9パーセント)と一戸建てに住むオーナーとは違う結果となった。

自由回答で集まった理想の住まいにも、広さと防音性が重要される傾向がみえた回答であった。

室内空間が広く、天井も高く、防音設備が整っていて、空調が完備された家で思いっきりペットを遊ばせてあげたい。(50代男性)
(公式サイトより引用)

外部リンク

ペット&ファミリー少額短期保険株式会社 公式サイト
http://www.petfamilyins.co.jp/news/140327.pdf

プレリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000004246.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住友不動産 六本木再開発事業で建物本体工事に着手 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。