不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

22年7月の不動産価格指数、住宅総合で微増

2022/11/2 14:00

国土交通省が最新の不動産価格指数を発表
国土交通省は10月31日、2022年7月分の「不動産価格指数(住宅)」のデータ公開を開始した。なお「不動産価格指数(商業用不動産)」の2022年第2四半期分についても、あわせて発表されている。

指数は2010年の平均を100として算出したもので、その比較による状況や直近の動向推移などを見ることができる。

2022年7月における「不動産価格指数(住宅)」の全国「住宅総合」は、季節調整値で131.8となった。前月に比べ0.6ポイント、率にして1.2%増加している。前年同月比でも10.2ポイント上昇、率にして約8.4%アップしており、高水準となった。

「住宅地」は、110.0で前月より2.3%上昇、「戸建住宅」も116.2で、前月より0.9%増加した。また、「マンション(区分所有)」は183.4と中でも高い数値で、前月に比べても2.0%アップした。全体に上昇基調で、とくにマンションの伸びが目立つ。

住宅総合をブロック別で見ると、前月に比べて低下したのは「北陸地方」と「中部地方」の2ブロックだった。それぞれ、数値は122.4の前月比6.4%減、110.1の前月比0.3%減になっている。

これ以外の7ブロックは、すべて前月を上回った。「北海道地方」は154.2と高水準で、前月よりも0.9%上昇、「東北地方」は133.3で、前月比が2.5%の増加と、こちらの伸び率で全ブロック中最大を記録した。

「関東地方」は135.6の前月比1.3%増、「近畿地方」は134.6の前月比1.6%増となり、「中国地方」は115.9の前月比1.1%増、「四国地方」で109.0の前月比1.5%増となった。「九州・沖縄地方」は133.2で、前月より0.5%のアップになっている。

東京都の場合では、「住宅総合」が148.7で、前月より1.4%伸び、「住宅地」も121.8で前月より3.6%上昇した。「戸建住宅」は125.2と、前月比0.1%増でほぼ横ばいだが、プラス水準を維持、「マンション(区分所有)」は181.5と値の水準も高く、対前月比でも2.2%の上昇になっていた。

全国の商業用不動産総合は前期比で3.7%増
「不動産価格指数(商業用不動産)」の2022年第2四半期分については、季節調整値で、2010年平均を100としたところ、全国の「商業用不動産総合」は133.0で、前期より3.7%増加した。

「建物付土地総合」も150.2で、前期より6.0%増加している。「土地総合」は108.9で、前期比0.9%のアップと、最も伸びは小さいが、100を超える水準と前期比プラスは確保した。

用途別に全国商業用不動産の指数を見ていくと、「店舗」は138.9で、前期より2.5%減少した。三大都市圏、三大都市圏以外の地域、南関東圏と都市圏別の内訳でも、すべて前期比マイナスになっており、「店舗」の低調さが際立った。

「オフィス」は157.1で、前期より4.3%増加、「倉庫」は124.5で、前期より7.9%と大きくアップした。「工場」も112.5で、前期より5.8%増加している。

「マンション・アパート(一棟)」は、156.1で、前期より3.1%増、「商業地」は104.8で、前期より1.7%低下した。一方「工業地」は112.7で、前期より2.0%の増加となった。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

国土交通省 プレスリリース
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001519622.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

JR京浜東北線の駅別中古マンション価格、北浦和駅が24.1%上昇 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。