不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏の分譲マンション坪単価、軒並み上昇

2022/9/12 01:00

首都圏のマンション供給戸数は5.5%減少
マーキュリーリアルテックイノベーターは9月7日、「『月例新築マンション動向』2022年9月号」を発表した。

2022年6月度における「新築マンション」の分譲実績を独自調査し、分析したレポートである。

6月度の首都圏における新築マンション供給戸数は、前年同月比5.5%減少の2990戸だった。エリア別の供給戸数は次の通りとなっている。

東京23区は、同35.3%減の1102戸。東京都下は、同28.7%減の149戸。横浜市・川崎市は、同81.9%増の724戸。神奈川県下は、同42.9%増の333戸。埼玉県は同100.5%増の445戸。千葉県は、同40.9%減の237戸。埼玉県が2倍の増加を示した。

首都圏のマンション坪単価は1.9%上昇
首都圏における新築マンションの平均坪単価は、前年同月比1.9%上昇の323.5万円。エリア別の平均坪単価は以下の通りである。

東京23区は同10.0%上昇の441万1000円。東京都下は、同13.3%上昇の254万5000円。横浜市・川崎市は、同9.1%上昇の292万2000円。神奈川県下は、同11.4%上昇の253万2000円。埼玉県は、同20.2%上昇の311万円。千葉県は同11.3%上昇の227万5000円。全エリアが上昇した。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターのプレスリリース
https://mcury.jp/pressroom/1550/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏、コロナの影響なし。2021年7月の新築一戸建て住宅平均価格 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。