不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

20代社会人が幸せに暮らすための賃貸の条件とは?-アットホームが調査

2020/6/25 18:45

「1K」「20平米以下」で満足
アットホームは6月23日、「“一人暮らしの社会人が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査 2020」の調査結果を発表した。

現在一人暮らしをしている、全国の20代の社会人男女414名を対象に、一人暮らしで最低限必要な条件などを調査したもの。

調査結果によると、一人暮らしの社会人が幸せに暮らせる「家の間取り」で最も多かったのは、「1K」の40.6%だった。次いで「1DK」の21.5%、「1LDK」の20.5%続いた。

では、「家の広さ」はどうだろうか。「15平米以下」の26.9%と、「20平米以下」26.5%と、上記を合わせると53.4%を占めている。

アットホームは、
一人暮らしの社会人にとって家が広いかどうかは、幸せな生活を送るための必須の条件ではないようです
(プレスリリースより)

とコメントしている。

最寄り駅からの距離は13.9分までが許容範囲
一人暮らしの社会人が幸せに暮らせる「入居時の築年数」は、平均18.6年だった。

その一方で、新築や築5年以内の築浅物件しか許容できないと回答した人は、11.5%にとどまっている。

交通の利便性については、次のような結果となった。

最低限許容できる「最寄り駅までの徒歩分数」は平均で13.9分、「片道の通勤時間」の平均は、38.0分となっている。

ただし、「60分以内」まで許容できると回答した割合が31.1%と最も多くなっている。このことからアットホームは、
片道の通勤時間は条件をゆるめても良いポイントといえそうです
(プレスリリースより)

と分析している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東日本レインズ、「月例マーケットウオッチ 2017(平成29)年06月度」発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。