不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ソーシャルインテリア、ミツウロコと協業で収益物件に家具のサブスク

2022/5/14 10:00

家具廃棄を削減し価値ある不動産経営を
株式会社ソーシャルインテリア(以下、ソーシャルインテリア)は10日、不動産賃貸・複合商業施設経営などを展開する株式会社ミツウロコ(以下、ミツウロコ)と協業し、収益物件(投資用物件)において家具のサブスクリプションサービスを導入する取り組みを開始したと発表した。家具の廃棄を削減し、サステイナブルな不動産経営のかたちを目指す。

ソーシャルインテリアでは、「よいものが、循環する社会へ」を企業ミッションに、新品家具や家電のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」を手がけるほか、オフプライスマーケット事業も展開してきている。

「サブスクライフ」は、月額で必要な分だけ、必要な家具・家電を所有することなく利用できるサービス。一般的なレンタルサービスの場合、使い続けると商品価格を超えてしまう可能性もあるが、「サブスクライフ」では、商品価格を超えない月額料金設定になっているという。

ちなみに、オフプライスマーケットの「サブスクライフ オフプライス」では、メーカーの遊休在庫や法人リユース品の出品を受け付け、リーズナブルな価格で提供、良いものを提供したメーカーやパートナーに収益の一部を分配するという業界初の仕組みを構築している。

家具所有と処分手配の手間の軽減にも
まず、従来、ミツウロコが収益物件として運営するマンションやオフィスビル、商業施設などの共用部における空間づくりで、自ら購入・設置し、老朽化するまで使用するか、入れ替え時にやむなく廃棄するか、いずれかの対応となっていた必要家具類について、ソーシャルインテリアが提供するサブスクリプションの仕組みを活用するものとする。

これにより、常に時代にマッチした空間づくりが可能となり、物件の付加価値向上が見込めるようになる。さらに空間アップデート時に不要となった家具はソーシャルインテリアが回収、「サブスクライフ オフプライス」で2次活用を促していくため、無駄をなくすことができるという。

ミツウロコでは、この仕組みを現在リニューアル工事中の「VIP仙台二日町」(仙台市青葉区)物件に導入する。今後は他の収益物件でも家具サブスクリプションを積極的に活用していく方針とした。

また、ミツウロコが運営するマンション、オフィスビル、商業施設の入居者や利用者に対し、ソーシャルインテリアによる家具のサブスク「サブスクライフ」を優待価格で利用可能とする。

これにより、入居者らも必要な家具などを購入する初期費用や調達・所有にかかる手間、不要となった際の処分手配の手間を最小限にまで軽くできるメリットが得られる。

回収した家具も2次活用を図っていく対象となるため、廃棄が最小化され、サステイナブルな不動産事業が間接的に促進されることとなる。

こちらはまず「VIP仙台二日町」と「VIP仙台二日町ANNEX」を対象に、サービスを導入するという。

持続可能な社会構築に向けた問題意識の高い層はもちろん、費用や手間を抑えたい層へ、他にはない付加価値を有した物件としてアピールしていく、新たなセットサービスとして注目される。

外部リンク

株式会社ソーシャルインテリアによるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000036168.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

レオパレス21アパート向けセキュリティ10万戸突破 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。