不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

6割超が空き家を放置するも、維持コストなどに課題意識

2021/11/23 00:00

空き家の活用法で最多は「賃貸」
アニスピホールディングスは11月16日、「空き家問題」の実態調査の結果を発表した。調査対象は、40代~70代の空き家所有者108名、調査期間は10月4日~10月6日。

調査結果から、空き家を活用している人は35.2%。これに対して活用してない人が61.1%と、圧倒的に多いことがわかった。

空き家を活用している人に、「どのように活用しているか」を尋ねたところ、以下のような結果となった。

最も多かったのは、「賃貸物件としての活用」の52.6%。次いで「物置としての活用」の44.7%、「シェアハウスとしての活用」の18.4%と続いた。

空き家放置では建物維持や税金などコスト面に課題
現在空き家を活用していない人に対して、「空き家として放置しておくことに、どのような課題を感じるか?」と尋ねたところ、次のような回答が寄せられた。

最も多かったのが、「建物の管理・維持のためのコスト」が69.7%。次いで「固定資産税などのコスト」が63.6%、「不法侵入の可能性など、治安や安全面での課題」が45.5%となっている。

また、「空き家を放置している理由」については、「解体しようにも費用がかかるから」が31.8%で最多。

次いで「活用したいがなかなか取りかかれない」22.7%、「空き家の活用を特に考えたことがない」22.7%、「将来的に活用する可能性があるから」が22.7%と同率となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社アニスピホールディングスのプレスリリース
https://prtimes.jp/000000190.000022736.html

株式会社アニスピホールディングスのホームページ
https://anispi.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「HOME’Sマーケットレポート首都圏:流通 一戸建て版2014年3月度」を発表(株式会社ネクスト) のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。