不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

アットホーム、2021年4月の賃貸マンション・アパート募集家賃動向を発表

2021/5/28 17:00

『アットホーム』のデータを対象として実施
アットホーム株式会社は、2021年4月における全国主要都市の賃貸マンション・アパート募集家賃動向を調査し、その結果概要を同年5月25日に発表した。

この調査は、不動産情報サイト『アットホーム』のデータを対象として実施されたもの。面積帯については、30平米以下を「シングル向き」、30平米~50平米以下を「カップル向き」、50平米~70平米以下を「ファミリー向き」、70平米超を「大型ファミリー向き」と分類している。

大型ファミリー向きマンションの上昇が顕著
今回の発表によると、2021年4月におけるマンションの平均募集家賃は、東京都下・神奈川県・埼玉県・千葉県の全面積帯において前年同月の数値を上回った。特に大型ファミリー向きマンションの上昇が顕著であり、全9エリア中8エリアで前年同月を上回り、神奈川県・千葉県・名古屋市・福岡市では2015年1月以降の最高値を更新している。

平均募集家賃の前年同月比上昇率について、「シングル向き」で最も高かったのはプラス2.2%の神奈川県だった。「カップル向き」ではプラス3.0%の千葉県が、「ファミリー向き」はプラス4.8%でまた千葉県が、そして「大型ファミリー向き」ではプラス14.7%で神奈川県が、それぞれトップの上昇率を示している。

アパート、首都圏の上昇が目立つ
2021年4月におけるアパートの平均募集家賃については、首都圏の上昇が目立つ結果となった。同圏では、5エリア全てのいずれの面積帯も、前年同月度を上回る数値をマークしている。

なお、「シングル向き」のアパートで最も高い前年同月比上昇率を示したのは、プラス7.3%の千葉県だった。

(画像はプレスリリースより)
「アットホーム調べ」

外部リンク

2021年4月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向 - アットホーム株式会社
https://athome-inc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

日本建設業連合会 2013年4月期「受注調査結果」発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。