不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

シノケンDX化加速!!コンピュータシステムを完全子会社化

2021/3/9 09:00

IT企業を傘下に収めグループ力を強化
シノケングループは2月26日、コンピュータシステムを完全子会社化したと発表した。同グループ傘下のシノケンオフィスサービスが、同日付で全株式を取得した。

コンピュータシステムはソフトウェアの開発全般、技術者教育、SES(システムエンジニアリングサービス)事業などを手がけ、IT分野における豊富な実績とノウハウを誇る。

DX推進で競争力を獲得し経営地盤を強化
シノケンは「REaaS(不動産のサービス化)で人々や社会の課題を解決する」をミッションに掲げ、同社グループのビジョンである“世代を超え、国境を超えたサービスを提供し「世界中のあらゆる世代のライフサポートカンパニー」”の実現を目指している。

現在、ビジョン実現のために不動産事業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を強力を推し進めているところだ。

具体的には国土交通省による「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験」への参加、デジタルIDによる安全かつ効率的な不動産取引を実現する「トラストDXプラットフォーム」の推進、各種アプリによるサービスの電子化、基幹システムの刷新などに取り組んでいる。

今回、新たにコンピュータシステムがグループに加わったことによって、さらなるDX化の加速が期待される。

今後コンピュータシステムは、基幹系システムの刷新と次世代システムの開発を支援。同時に、現在特に注力しているREaaS Technologiesなどとの共同事業「トラストDXプラットフォーム開発プロジェクト」や、各種アプリ開発の支援による強化も図る。

またコンピュータシステムは“技術者教育”と“SES事業”を強みとすることから、同社グループ内での継続的なエンジニアの育成・獲得も可能となる。

これによって不動産テック分野全般における強化が実現し、極めて高い競争力が確保されたといえる。今後はより強化されたグループシナジーを活用し、REaaSの早期実現を目指す方針だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社シノケングループのプレスリリース
https://www.shinoken.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

iYell子会社、百五銀行に「iYell住宅ローンプラットフォーム」の提供を開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。