不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏と関西圏、共にマイナス。「月例新築マンション動向」2020年9月号

2020/9/6 13:00

『Realnetニュース』で実施した独自調査の結果
株式会社マーキュリーは、2020年9月3日、プレスリリース『月例新築マンション動向』の2020年9月号を発表した。

『月例新築マンション動向』は、同社運営メディア『Realnetニュース』にて実施した新築分譲マンションに関する独自調査について、首都圏と関西圏の最新動向をまとめたものとなっている。

首都圏、供給戸数が前年同月比でマイナス32.2%
『月例新築マンション動向』2020年9月号では、同年6月度の分譲実績データを前年同月と比較することにより、市場の最新動向をあぶり出している。

2020年6月度の首都圏一都三県では、圏全体の新築マンション供給戸数が前年同月比でマイナス32.2%となった。エリア別に見ると、神奈川県下は84.3%、横浜市・川崎市エリアは66.9%という大きなマイナスを記録。一方、埼玉県は49.7%、千葉県は48.6%のプラスを示している。

関西圏の供給戸数は、圏全体ではマイナス43.1%となった。エリア別に見ると、北摂エリアが63.5%、滋賀県が63.1%のマイナスとなり、大きく下落。しかし京都市は、94.0%ものプラスをマークしている。

不動産に関わる多くの人の満足を創造
株式会社マーキュリーは、約30年にわたって不動産業界向け情報サービスを展開している企業。約4万物件におよぶ新築マンションデータを保有しており、このビッグデータを活用したレポートやオリジナル記事などを配信するメディアとして『Realnetニュース』も運営している。

同社は今後も、不動産に関わる多くの人の満足を創造するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

【月例新築マンション動向】2020年9月号 - 株式会社マーキュリー
https://news.real-net.jp/pickup/123094

月例新築マンション動向発表~2020年9月号~ - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

最新ニュース

関連ニュース

コメント

2018年12月新築マンション埼玉県131.4%増-マーキュリー調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。