不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

認知症リスクに備え、早めに相続・税金対策を!

2021/9/9 21:00

叶税理士法人が「認知症」相続事前サービス開始
コロナ禍の影響で認知症のリスクが高まっている。

これを受けて叶税理士法人は9月8日、東京事務所にて賃貸物件オーナーを対象とした新たな相談サービスを開始したと発表した。

認知症患者は年々増加しており、厚生労働省の発表によると2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるとのことだ。

コロナ禍で外出の機会が減り、人との会話が少なくなった結果、60歳以上で「物忘れが気になるようになった」人の割合が30%も上昇しているという。

入居者・家族にとっても深刻な認知症問題
叶税理士法人では賃貸物件オーナーを対象にした税金の相談を行っているが、コロナ禍で認知症への不安を抱えるオーナーや、その子供世代からのの相談が去年に比べて2.25倍に増加した。

賃貸物件オーナーの認知症の問題は本人だけでなく、入居者にも及ぶ場合がある。認知症になると判断力が低下するため、各種契約や大規模修繕などが困難になる。適切な対応ができないと入居者の不満が高り、退去する人が増えるなどのリスクが予想される。

さらに、残された家族にとっても問題となる。親の遺産を相続する際に不動産は均等相続が難しく、遺産分割でもめるケースが多い。

そこで叶税理士法人 東京事務所では、もしもの認知症発症に備えて、相続・税金対策の相談サービスをスタートさせた。面談のほか電話、オンラインでも対応している。

外部リンク

叶税理士法人のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/274654

叶税理士法人のホームページ
https://tax.kanae-office.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

大京、タブレットを用いた「スマートプレゼンツール」を導入、内部構造を「見える化」 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。