不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

iYellグループ、みずほ銀行に「住宅ローンプラットフォーム」を提供開始

2020/6/3 15:00

取扱件数増加と業務効率化を支援
iYell株式会社は、2020年6月1日、同社子会社がみずほ銀行に対して住宅ローン取扱件数増加と業務効率化の支援を開始したと発表した。

この支援を行う子会社は、住宅ローンの窓口株式会社(以下「JLM」)。支援は、『住宅ローンプラットフォーム』の提供を通じて実施される。

新たな営業チャネルの紹介を実現
iYellは、テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供している住宅ローンテック企業。『住宅ローンの窓口 ONLINE』『いえーる ダンドリ』『いえーる コンシェル 不動産投資版』などの運営も手がける。

JLMの『住宅ローンプラットフォーム』は、金融機関に対して住宅ローン案件を紹介するサービス。住宅購入や住宅ローン借り換えの見込み客データを『いえーる ダンドリ』などから流入させることで、新たな営業チャネルの紹介を可能にしている。また、業務効率化や不正リスク軽減が可能という利点も誇る。

初となるメガバンクへの提供を実現した
今般のコロナ渦を受け、金融業界においても「ITの活用」への期待は高まっている。こうした動きの中で、『住宅ローンプラットフォーム』への注目度も上昇し、iYellへの問い合わせ数も増加。みずほ銀行を支援することで、初となるメガバンクへの提供も実現している。

iYellは今後も金融機関との提携を推進し、住宅ローン件数の増加とローン業務の効率化を支援するしている。

外部リンク

みずほ銀行の住宅ローン取扱件数増加と業務効率化を支援 - iYell株式会社
https://iyell.co.jp/mizuhobank_202006/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

旭化成ホームズが『2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査』の結果を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。