不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資型CF「SYLA FUNDING」、第4号ファンドの出資応募受付を6月1日開始

2020/5/22 06:00

「1口1万円からはじめられる不動産投資」
株式会社シーラは、2020年6月1日、不動産投資型クラウドファンディングサービス『SYLA FUNDING』において第4号ファンド『SYNEX HIGASHI-KANAGAWA』の出資応募受付を開始する。

『SYLA FUNDING』は、「1口1万円からはじめられる不動産投資」として運営されているサービス。『SYNEX HIGASHI-KANAGAWA』は、京浜急行本線・神奈川新町駅から徒歩4分の立地を誇る物件となっている。

新しい資産運用のツールとなることも目指す
シーラは、投資用ワンルームマンションの開発・販売を手掛ける企業。自助努力が謳われる現代にあって、「貯蓄から資産運用」という認識を広めることで経済の活性化も果たすべく、『SYLA FUNDING』の運営も開始した。

『SYLA FUNDING』は、投資用ワンルームマンションを主体とする不動産投資型クラウドファンディングサービス。オンライン上にて1口1万円からの投資を実現することで、「長期借入が必要な高所得者向けの投資」といった不動産投資のイメージを払拭。また、予定分配率4%を見込むことで、新しい資産運用のツールとなることも目指している。

予定分配率は5.08%、想定運用期間は6ヶ月
出資応募受付が開始される『SYNEX HIGASHI-KANAGAWA』は、シーラの自社ブランド『SYNEX』シリーズの物件。募集金額は18500000円で、予定分配率は5.08%。想定運用期間は、6ヶ月となっている。

なお出資応募受付は、6月1日の12時から先着方式で開始され、6月15日の22時で終了される予定。出資者確定日は。6月25日とされている。

外部リンク

『SYLA FUNDING』第4号ファンド出資者募集開始のお知らせ - 株式会社シーラ
https://syla.jp/news/20200519/

不動産投資『SYLA FUNDING』第4号ファンド出資者募集開始のお知らせ - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ノースカロライナ州チャペルヒル牧場コミュニティBriar Chapel、次段階開発へ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。