不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

10月東京主要5区の空室率1%台に迫る-ビルディンググループ

2018/11/20 21:00

主要5区の空室率6か月連続で2%台
ビルディンググループは11月14日、2018年10月度の「全国6大都市圏オフィスビル市況調査」の結果を発表した。東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台の主要エリアにおける、オフィスビル市場の動向を調査したもの。

これによると、全国の主要エリアのうち名古屋、福岡、札幌の3エリアで空室率が上昇したものの、全体では低水準で推移している。

東京主要5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)の平均空室率は前月比0.06ポイント下落の2.06%。6か月続けて2%台で推移しており、空室率1%台が目前に迫っている。

東京主要5区の平均推定成約賃料は、前月比325円下落の2万842円だった。

全国的に空室率は低水準
名古屋エリアの平均空室率は、前月比0.11ポイント上昇の2.46%。平均推定成約賃料は、前月比269円下落の1万104円。

大阪エリアの平均空室率は、前月比 0.02ポイント下落の1.90%。平均推定成約賃料は前月比414円上昇の1万2円。

福岡エリアの平均空室率は、前月比0.03ポイント上昇の1.57%。平均推定成約賃料は、前月比121円下落の1万2,336円。

札幌エリアの平均空室率は、前月比0.21ポイント上昇の2.04%。平均推定成約賃料は、前月比401円上昇の8,577円。

仙台エリアの平均空室率は、前月比0.31ポイント下落の2.99%。平均推定成約賃料は、前月比72円上昇の9,493円。

外部リンク

2018年10月度調査レポート 全国6大都市圏オフィスビル市況調査 - ビルディンググループ
http://www.building.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京カンテイ、「三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平米価格月別推移(2015年10月)」発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。