不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏マンション市場予測を発表-不動産経済研究所

2016/12/23 22:00

3年ぶりに供給増加
不動産経済研究所は12月21日、「首都圏・近畿圏マンション市場予測~2017年の供給予測~」を発表した。

このうち首都圏のマンション市場をみると、2017年の供給は、前年比6.4%増の3万8,000戸の見込みで、2013年以来4年ぶりの増加となる。建築コストは横ばいからやや下落。大手デベロッパーが中心となって都区部や近郊の大型案件がけん引するも、郊外の駅近物件も増加する見込みで中堅企業も復調へと向かいそうだ。

都区部は前年比5.1%増の1万6,500戸、都心や湾岸での供給が増えるが、増加幅は一ケタと緩やかだ。その他の地域では千葉県が14.3%増の4,000戸、埼玉県が12.5%増の4,500戸の見込みで郊外での供給が目立つ。

消費税増税が再延期で受給ともに復調
在庫は2016年11月末時点で前年同月比27.9%増の6,324戸と、堅調に推移。2016年1月~11月の平均価格は5,590万円。1091年の5,900万円以来の高値となったが、上昇幅は縮小している。

消費税増税が再延期されマンション市場に大きな波はなく、需給ともに緩やかに復調する見込み。都心は高値安定で推移するも、郊外の価格は若干下落しそうだ。

(画像は、不動産経済研究所のホームページより)

外部リンク

株式会社不動産経済研究所のプレスリリース
http://www.fudousankeizai.co.jp/share

最新ニュース

関連ニュース

コメント

100平米以上の分譲マンション供給動向-不動産経済研究所調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。