不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

近畿圏不動産流通機構、2022年7~9月期の不動産流通市場を分析

2022/10/25 19:00

中古マンション市場などの動向をまとめる
公益社団法人近畿圏不動産流通機構は、2022年10月20日、同年7~9月期の近畿圏における不動産流通市場に関するレポートを発表した。

同機構は、近畿2府4県の不動産会社が加盟し、不動産物件の情報交換などを行っている法人。今回発表されたレポートでは、近畿圏での中古マンション市場や中古戸建住宅市場などの動向がまとめられている。

中古マンション市場、成約件数も成約価格も上昇
今回発表されたレポートによると、2022年7~9月期の近畿圏において中古マンション市場は上昇を示した。成約件数は前年同期比プラス5.7%にあたる3931件となり、3期ぶりに増加をマーク。成約価格は、プラス6.6%の2656万円となり、9期連続で上昇を果たしている。

中古戸建住宅市場もまた、上昇を示している。成約件数は前年同期比マイナス0.1%の2426件となったが、成約価格はプラス4.8%の2242万円となり、8期連続の上昇を達成。成約価格は12地域中8地域で上昇をマークしており、新規登録価格もプラス2.6%の2675万円となった。

件数減・価格上昇となった中古戸建住宅市場
同レポートでは、土地市場の動きもまとめている。土地の成約件数は、前年同期比マイナス1.4%の1570件。しかし成約価格はプラス13.3%の2262万円で、9期連続で上昇を達成した。

2022年7~9月期の近畿圏について同機構は、中古戸建住宅市場が件数減・価格上昇となった点に注目。今後は、金利の上昇が本格化する可能性について、中古住宅市場への影響を見極める必要があるとまとめている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

市況トレンド 2022年7~9月期の近畿圏市場 - 公益社団法人近畿圏不動産流通機構
http://www.kinkireins.or.jp/rte/shikyo-1/shikyo-zenpen.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

投資用不動産、全物件で価格が下落 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。