不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

朝日新聞社がアパートなどの管理支援サービスを開始

2016/4/30 14:30

ASASAが不動産物件の状況をスマホで報告
朝日新聞社は4月26日、アパートやマンションなどの不動産物件の管理を支援する事業をスタートさせると発表した。

ITベンチャー企業のアクシスモーションと業務及び資本提携を行い、朝日新聞のサービスアンカー(新聞販売店)ASAが、アパートやマンションなどの管理支援業務を実施する。

現地作業情報をクラウドで管理する「PMアシスト」
アクシスモーションは不動産業界向けクラウドソーシングサービス「PMアシスト(ピーエムアシスト)」を展開しており、不動産管理会社や不動産オーナーの管理業務を請け負っている。

「PMアシスト」はスマートフォンやタブレットで建物の管理から報告、レポート化までを一貫して提供できるのが特徴。管理物件の現地作業情報を共有し、業務の効率化と営業活動の強化が図れるクラウドサービスだ。

今後、アクシスモーションが管理業務を請け負った物件について、ASAに管理支援を委託する。委託を受けたASAの従業員が管理物件の空室や共用部分を点検し、スマートフォンから「PMアシスト」を通じて状況を報告するほか、簡単な清掃などの整備作業も行う。

朝日新聞社では、ASA業務の一環としてまずは首都圏からサービスを開始し、順次全国に広げていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社朝日新聞社のプレスリリース
www.asahi.com/shimbun/release.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

パナホーム 大容量太陽光発電賃貸住宅「フィカーサ エコソレイユ」新発売 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。