不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏の新築戸建・中古マンション価格(9月)を発表(アットホーム株式会社)

2014/11/7 22:00

首都圏の新築戸建て平均成約価格は2か月連続で下落
不動産情報サービスのアットホーム株式会社は「首都圏の新築戸建て・中古マンション価格(9月)」発表した。それによると、首都圏における2014年9月期の新築戸建て平均成約価格は、成約の過半数を占める神奈川・埼玉の下落などにより、前月比-1.2%、前年同月比-1.9%の3,228万円で2か月連続の下落となった。

登録価格は1戸あたり3,364万円、前月比は+2.8%で3か月ぶりに上昇、前年同月比は2か月連続上昇の+2.9%となった。8か月連続で成約価格が登録価格を下回っており、ユーザーの低価格志向が続いている。

県別の成約価格は神奈川県が3,252万円(前月比-3.7%、前年同月比-2.1%)、埼玉県が2,806万円(前月比+1.6%、前年同月比-1.6%)、千葉県が2,566万円(前月比-0.3%、前年同月比-3.8%)という状況だ。

東京都23区は城南・城北など高額物件の多いエリアの成約が好調で、3か月連続の上昇、4,367万円(前月比+0.8%、前年同月比+2.3%)となった。東京都下は3,422万円(前月比-0.1%、前年同月比+3.5%)だ。

中古マンションの需要が活発な東京23区
首都圏の中古マンション平均成約価格は2,359万円(前月比-3.6%、前年同月比+13.3%)、成約の40%を占め、かつ価格水準が高い東京23区の大幅上昇により、前年同月比は9か月連続の上昇となった。平均登録価格は2,226万円で、前年同月比は9か月連続プラスの+0.5%、前月比は3か月連続マイナスの-0.4%だ。

県別成約価格は神奈川県が2,098万円(前月比-8.0%、前年同月比+11.8%)、埼玉県が1,525万円(前月比+8.0%、前年同月比-3.5%)、千葉県が1,554万円(前月比-0.2%、前年同月比+9.1%)という状況だ。

東京23区は3,114万円(前月比+1.4%、前年同月比+18.1%)、東京都下は2,302万円(前月比+2.0%、前年同月比+24.0%)となっている。東京23区の前年同月比は1年6か月連続で上昇しており、ユーザーの都心志向などによる中古マンションの需要が活発な状態だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

アットホーム株式会社ニュースリリース
首都圏の新築戸建て・中古マンション価格(9月)
http://athome-inc.jp/pdf/market/14102801.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏中古マンション価格、52か月連続で上昇-東日本レインズ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。