不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京都心全域に対応!船橋市西浦に三井不動産が物流拠点を開発

2013/7/13 16:00

ダイワコーポレーション向け物流施設を西浦に着工
三井不動産は7月11日、千葉県船橋市西浦にて物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋西浦(略称:MFLP船橋西浦)」の開発に着手したことを発表した。

ロジスティクスと名付けられている通り、顧客満足度を高めるために、単なる「もの」の運搬にとどまらず、保管管理から情報整備、物流コントロールまで、企業の業務をより円滑に進めるための広範なサービスを提供する。

MFLP船橋西浦はダイワコーポレーション専用の物流拠点として開発され来春の着工、竣工は2015年春の予定だ。

開発地の船橋市西浦は、首都高湾岸線「千鳥町IC」および京葉道「原木IC」と目と鼻の先に位置し、都心へのアクセスが良好な立地。

将来的にも、2015年度に「高谷JCT」の整備が予定されており、首都高湾岸線や東関東自動車道が東京外環道に接続する。このため首都圏全域に対応する広域配送拠点として、さらに利便性が高まる。JR京葉線「二俣新町」駅より徒歩13分と、通勤にも便利だ。

流通変革で、高機能な物流拠点のニーズが高まる
近年、流通の変革や、企業の物流拠点が分散化と集約化の両極へ動くなど、物流システムも大きく変わりつつある。

三井不動産ではこのような状況を背景に、汎用性があり高機能を備えた大型物流施設を至便な立地に建設し、物流施設事業を強化していく方針だ。

現在、三井不動産が開発を推進している物流施設は昨年12月、千葉県市川市に着工した「GLP・MFLP市川塩浜」を含め、首都圏7物件、大阪1物件、計8物件。今後も積極的に新たな物流施設の開発を進めていくという。

外部リンク

物流施設|三井不動産
http://www.mitsuifudosan.co.jp/distribution/

三井不動産株式会社のニュースリリース
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ダイエー神戸三ノ宮店に「三宮オーパ2」誕生 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。