不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

国土交通省、木造3階建て住宅動向を報告

2013/6/3 16:30

以後、四半期ごとの報告
2013年5月31日-国土交通省は、平成25年3月時点の木造3階建て住宅の動向を報告した。以後、四半期ごとの報告となる。平成25年4月~6月分(第1四半期)の統計は平成25年8月下旬の公表を予定している。

平成25年3月の主な動向
【戸建て住宅(3階以上)】
・2390棟(前年度同月比105.6%)
・防火地域内35棟
・準防火地域内1755棟

【共同住宅(3階以上)】
・54棟(前年度同月比120.0%)573戸(前年度同月比137.1%)
・防火地域内4棟
・準防火地域内25棟

【丸太組構法建築物】
51棟(前年度同月比124.4%)

平成24年度の主な動向
【戸建て住宅(3階以上)】
・2万6736棟(前年比101.3%)
・防火地域内345棟(前年比98.3%)
・準防火地域内1万9740棟(前年比102.0%)
・4階建て3棟

【共同住宅(3階以上)】
・667棟(前年比106.2%)6060戸(前年比111.8%)
・防火地域内363棟(前年比88.4%)
・準防火地域内2363棟(前年比109.0%)

【丸太組構法建築物】
643棟(前年比99.8%)

木造建築物建築法改正について
昭和62年、技術基準に適合する建築物については準防火地域での建設が可能となる。

平成4年の建築基準法の改正(平成5年施行)で、防火地域、準防火地域以外でも技術基準に適合する木造3階建て共同住宅について建設が可能となった。

枠組壁工法では平成16年4月、在来軸組工法では平成18年10月に、一定仕様を耐火構造として認定。防火地域での木造建築物建設や4階建て以上の建設の可能性が拡大された。

丸太組構法建築物については、昭和61年丸太組構法の技術基準告示(同年施行)及び平成14年の告示改正により、基準適合建築物建設が可能。

外部リンク

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について(平成25年3月分及び平成24年度分)
http://www.mlit.go.jp/report/press/

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産研究所 5月の首都圏マンション市場動向を報告 高層物件が特に人気 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。