不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ソーラーフロンティア、CIS技術で変換効率19.7%を達成

2013/1/9 15:00

カドミウムを含まない薄膜系太陽電池として世界最高
産総研で測定ソーラーフロンティアは1月8日、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究を受けて、カドミウムを含まない薄膜太陽電池のセル(約0.5平方センチ)として世界記録となるエネルギー変換効率19.7%を達成したことを発表した。

*画像はニュースリリースより(「ソーラーフロンティア厚木リサーチセンター」)
「CIS技術の潜在能力の高さを示す」
今回の記録は、2003年に達成された、カドミウムを含まない薄膜系太陽電池セルの変換効率の世界記録(18.6%)を1%以上更新したもので、カドミウムを含む薄膜系太陽電池全体としての世界記録である20.3%にも迫る数値。

ソーラーフロンティアでは、今回達成したエネルギー変換効率は、「ソーラーフロンティアの技術力の高さと、CIS技術の潜在能力の高さを示す」ものとし、影や熱に強いため実発電量の高さに定評があるソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池モジュールに、今回達成された基礎技術を応用することで今後更に高い実発電量が実現できるとしている。

外部リンク

ソーラーフロンティア ニュースリリース
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2013/C014760.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

積水ハウス、「防災と電力不足に対応するスマートタウン」東海3県で展開開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。