不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

パナホーム、大容量太陽光発電システムの普及推進「しあわせ発電キャンペーン」

2012/12/16 09:00

再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用
パナホームは12月14日 、このたび、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し、大容量太陽光発電システムの普及を積極的に推進する新しい取り組み「しあわせ発電キャンペーン」を展開することを発表した。

*画像はニュースリリースより
(「大容量太陽光発電システム<11.18kW>搭載住宅の外観例」)
平均的な2階建住宅でも10kW以上の搭載が可能
「しあわせ発電キャンペーン」では、キャンペーンの展開にあたり、ハード(建物)・ソフト(ローンの活用)・サービス(補償制度)の3つの観点から新たな仕組みを用意し、太陽光発電システムの積極的な採用を促していくもの。

ハード(建物)面では、 平均的な延床面積(35坪程度)の2階建住宅においても、頑強なパナホーム独自のHS構法の採用などにより、10kW以上の大容量太陽光発電システムの搭載を可能とし、再生可能エネルギーの固定価格買取制度で、20年間に亘り、発電した電気の全てを固定価格で電気事業者に売電する全量買取制度の選択ができることとなる。

ソフト(ローンの活用)面では、太陽光発電システム搭載住宅向けの提携ローンを活用。また、サービス(補償制度)としては、パナホームの施主会員組織「あんしん倶楽部」に、「日照補償制度」を用意し、日照時間が一定基準を下回った場合にお見舞金を給付するという。

外部リンク

パナホーム ニュースリリース
http://www.panahome.jp/company/news/release/2012/1214.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ALSOK、高齢者向け緊急通報システム発売 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。