不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

エス・バイ・エル、「スマートハウジング なのはなin稲毛」10月13日分譲販売開始

2012/9/21 13:00

エス・バイ・エル初の大規模スマートタウン
エス・バイ・エルは、本社分譲部主導型分譲強化策の第1弾として、同社初の大規模スマートタウン、「スマートハウジング なのはなin稲毛」(千葉市稲毛区)の分譲販売を、10月13日より開始。販売開始に先駆け、9月22日よりモデル棟の公開を開始する。

*画像はニュースリリースより(「完成予想イメージ」)
最先端のスマート・ソリューショを搭載
「スマートハウジング なのはなin稲毛」では、建売分譲は、全邸に、エネルギーを「つくる」太陽光発電システム、「ためる」家庭用蓄電池、そしてそれを賢く「つかう」オール電化(IHクッキングヒーター、エコキュート)、エネルギー使用量が「みえる」HEMS等のスマートアイテムを搭載。最先端のスマート・ソリューションに加え、安心・安全で快適な住まいづくり、住まいの高耐久化の実現の3つの特長を持ち合わせる。

また、スマートアイテムによる“エコ”を意識するのみでなく、常に緑で溢れている住環境を実現。地域の人も気軽に利用できる、コミュニティを育む公園の設置や、車の通り抜け防止とスピード抑制の為に区画道路をU字型にする等の工夫を、随所に凝らしているという。

エス・バイ・エルでは、本社分譲部主導型分譲を強化することで、“今後も、エネルギーをより有効に使用し、快適で便利な、地球に優しい住まいの普及を目指す”としている。

外部リンク

エス・バイ・エル ニュースリリース
http://www.sxl.co.jp/corporate/news/20120920.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住宅金融支援機構、「平成24年度フラット35利用者調査報告」を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。