不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

旭化成ホームズが『2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査』の結果を発表

2013/1/14 11:00

「2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査」を実施
旭化成ホームズ株式会社は、「2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査」の中で2種類の調査を行った。まず1つ目の調査では、全国30歳以上の既婚者1,566名を対象とした「消費税増税1年前・2013年の消費意識」。そして3年以内に「新築」住宅を購入した人向けの調査である。この場合の新築住宅というのは、注文住宅や新築マンションも含む。

調査を行った理由としては、
「社会保障と税の一体改革関連法案」が可決されたことにより、今後税率が段階的に引き上げられることが決定しているということである。

増税時期関係なく住宅購入は検討したい人が多数
増税を控えている今年は、様々なジャンルで駆け込み需要が拡大すると予想されている。そのため消費者は、増税することに対してどのような意識を持ち、どのような対策を検討しているのかということが、調査を実施した主な理由である。

消費税の増税は、新築一戸建ての注文住宅にとても影響がある。もし現行の消費税率5%で新築一戸建てもしくは注文住宅を購入したいと考えるのであれば、2013年9月30日までに請負契約完了をしなければならない。そのため新築住宅の購入を検討している場合、いつの時期に購入しようと考えているのか、ということが重要になっている。

旭化成ホームズでは今回の調査に合わせて、「住宅購入と消費税増税に関する専用サイト」を開設している。結果の内容としては、消費増税は家計を圧迫すると多くの人が感じているが、住宅の購入に関しては増税時期に関係なくじっくりと検討したいという人が多い。

外部リンク

住宅購入と消費税増税に関する専用サイト
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/shouhizei/index.html/

旭化成ホームズ株式会社
http://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/index.html/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

積水ハウス「グレンパーク笹塚」の信託受益権を取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。