不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

“スマートハウス、本格的普及は現在の価格帯では難しい” GMO JMI調査

2012/9/23 15:00

「住宅購入に関するオンラインコミュニティ調査」
GMOジャパンマーケットインテリジェンス(GMO JMI)は9月20日、GMO JMIが保有するモニターで、5年以内に戸建住宅の購入予定がある30~49歳の既婚女性 30名を対象に実施した「住宅購入に関するオンラインコミュニティ調査(MROC)」の結果を発表した。
●調査期間:2012年7月25日~2012年8月9日
●調査方法:オンラインコミュニティ調査(MROC)
オンラインコミュニティ調査(MROC)とは、コミュニティを調査対象とし、コミュニティ参加者間で交わされる自然な声から、日常の様子や本音をうかがう調査手法。

購入する際の不安で一番多いのは「ご近所付き合い」
「調査」によると、一戸建てを建てる時にゆずれないポイントNo1は「収納」で、「住宅を購入する際に感じる不安」について、一番多く挙げられたのが「ご近所付き合い」。スマートハウスについては、テレビCMで見たことがある程度の認識の人と、詳しい知識を持つ人の情報量にばらつきが見られ、また、電力自給に魅力は感じているものの、初期費用が高額なため、導入は難しいという意見が目立ったという。

GMO JMIでは、今回の調査結果から、参加者はそれぞれ自分なりの方法で住宅購入について情報を収集している人が多い様子だが、購入検討先の近所に住む人々や、地域の特徴、治安といった情報は得難く、それが住宅購入時の不安の一番の要因になっている。また、電力自給が可能なスマートハウスは、注目されてはいるものの、費用負担の面で導入が難しいという理由で、本格的に普及するには、現在の価格帯では難しいといえるとしている。

外部リンク

GMOジャパンマーケットインテリジェンス ニュースリリース
http://www.gmo-research.jp/topics/20120920gmojmi_MROC.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

イッツ・コミュニケーションズ株式会社が太陽光発電システムの販売を開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。