不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

アグレ都市デザイン、アパート経営コンサルティング事業を開始

2024/7/8 23:30

不動産投資家の事業パートナーとして
アグレ都市デザイン株式会社(以下、アグレ都市デザイン)は5日、新規事業としてアパート経営コンサルティング事業を開始すると発表した。事業開始に伴い、Webサイトのリニューアルも実施、同日より公開を開始している。

近年は人生100年時代と言われる中、ライフプランに合わせた資産形成がより重要視されるようになり、新NISAをはじめ「貯蓄から投資へ」をスローガンとする意識改革も進んできている。

このような変化を背景に、今後を見据えた資産形成方法として不動産投資を検討する人も増え、一般会社員が着手するケースも目立ってきているという。

不動産投資の中でも、アパート物件を活用するアパート経営は毎月の家賃収入を安定して得られ、住まいニーズは変わらず存在するため、一定の空室リスクはあるものの、その他の金融商品に比べ、経済状況の変動影響を受けにくい、確かな資産である点が魅力となる。

長期的運用でローン返済が完了すれば、年金のように定期的な家賃収入が継続的に見込め、生活資金の足しにしやすいといった利点もある。

こうした不動産投資ニーズを受け、アグレ都市デザインでは、今回の新事業を開始することとした。

同社は首都圏を中心とした戸建開発事業で15年の実績があり、そこから得られたノウハウとAIを活用した客観的な調査データなども提供、物件を紹介して販売するだけでなく、事業パートナーとして寄り添う事業として、このアパート経営コンサルティング事業を展開していくとする。

豊富な金融機関ネットワークも
アグレ都市デザインでは、アパート経営コンサルティングを行うにあたり、多様化した社会で必要とされる賃貸住宅物件をともに創りあげることを目指し、物件選定から住む人の目線に立ち、不動産価値を最大限に高める提案を投資家に対し、行っていくとした。

強みとしてはまず、ビッグデータを用いた市場調査を通じ、地域の将来性や、人口増減率、年齢各歳別人口などから推計される周辺エリアの賃貸ニーズを確認し、物件の真の価値を導き出す高度な調査能力を挙げる。

また、投資家顧客の収入や預貯金、今後の見込み収入など、さまざまな条件を反映させ、自社開発物件に限らず、客観的視点で経営に最適な、オーナーにとって価値ある物件の選定と提案を行うことができる点もアピールポイントとした。

加えて豊富な金融機関とのネットワークも強みとする。投資ローンは金融機関により、審査で重視されるポイントも異なるため、提携金融機関との連携も活かしながら、最適な融資先を柔軟に紹介していく。

外部リンク

アグレ都市デザイン株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000104844.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

トヨタホーム、賃貸マンション「フォルテ―ジ」発売 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。