不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

2023年1月の新築一戸建て平均価格、首都圏は上昇傾向を概ね継続

2023/2/13 20:00

新築木造物件の価格を集計し、平均価格を算出
株式会社東京カンテイは、2023年2月9日、同年1月の新築一戸建て平均価格を発表した。

ここでの「価格」は、「敷地面積が100~300平米」「最寄り駅から徒歩30分以内」といった条件を満たす新築木造物件の価格を集計し、主要都市圏・主要都市別の平均価格として算出されたもの。同社はこの「価格」およびその推移の考察を、プレスリリースとして毎月発表している。

4ヵ月連続上昇を果たした首都圏
今回の発表によると、2023年1月の首都圏における新築一戸建て住宅の平均価格は、4525万円となった。前月比プラス2.3%で4ヵ月連続上昇を果たし、2022年10月以降の上昇傾向を概ね継続する結果を示している。

都県別で見ると、東京都は前月比プラス7.3%の5858万円をマークし、2ヵ月連続上昇を達成。神奈川県はプラス2.8%の4879万円となり、上昇へ転じた。一方、前月まで6ヵ月連続で上昇していた千葉県は、マイナス0.6%の3770万円で下落。埼玉県も、マイナス0.8%の3777万円で下落へ転じている。

近畿圏は2ヵ月連続下落、中部圏は2ヵ月連続上昇
2023年1月の近畿圏における新築一戸建て住宅の平均価格は、前月比マイナス2.4%の3464万円となった。主要3府県がいずれも下落したことが影響し、圏全体としても2ヵ月連続下落を示すに至っている。

中部圏は、前月比プラス0.8%の3420万円で、2ヵ月連続上昇を達成。愛知県もプラス1.0%の3640万円をマークし、下落した先月から一転して上昇を果たした。

宮城県は、前月比プラス4.4%の3280万円で反転上昇を達成したが、前年同月比はマイナス3.3%となった。一方、価格が3439万円となった福岡県は、前月比がマイナス2.2%、前年同月比はプラス0.9%を示している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

主要都市圏・主要都市別/新築木造一戸建て住宅平均価格 月別推移 1月 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/kodatesintiku202301.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏中古物件の成約、4か月連続で減少するも減少率は縮小-東日本レインズ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。