不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

JR青梅線の駅別中古マンション価格、11駅の全てのエリアで上昇をマーク

2022/9/4 02:00

駅エリアごとの平均坪単価として算出
株式会社東京カンテイは、2022年8月30日、JR青梅線の駅別中古マンション価格を発表した。

ここでの「価格」は、同社のデータベースに登録された中古マンション(ファミリータイプ)の売り希望価格をもとに、同路線の駅エリアごとの平均坪単価として算出されたもの。現状価格の集計は、同年5月から7月までの3ヵ月間に実施されている。

最高値をマークしたのは、187万円の立川駅
今回の発表によると、JR青梅線全線(立川駅~青梅駅)における中古マンションの平均坪単価は、121万円となった。前年と比較すると、価格で16万円、比率で14.8%上昇している。事例数は前年より74件増えて986件となり、平均築年数は29.2年から29.9年へと若干延びている。

今期の同路線で中古マンション価格が最高値をマークしたのは、187万円の立川駅。JR3路線が乗り入れる同駅の周辺エリアは、大型商業施設に加えて飲食店も多く集まり、利便性が高い。そのため取引状況が活発になっており、今期も前期に続いて上昇を果たすと共に、事例数の増加も示している。

上昇率が2桁に達する駅エリアも
今期のJR青梅線では、11駅の全ての沿線エリアで中古マンション価格が上昇を示した。上昇率が2桁に達する駅エリアも散見され、中でも拝島駅と小作駅は2桁上昇により平均坪単価が100万円を突破。取引事例が111件で立川に次いで多い青梅駅も、今期は18.4%におよぶ上昇をマークした。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

駅別中古マンション価格/JR青梅線 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/wayside_station/1074

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏、依然として弱含み。「新築木造一戸建て住宅平均価格」2020年1月版 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。