不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏「中古マンション」の価格指数、19か月連続で上昇

2022/4/4 01:00

日本不動産研究所が最新の不動研住宅価格指数を発表
日本不動産研究所は3月29日、「不動研住宅価格指数 1月値」を発表した。

不動研住宅価格指数は、2014年12月まで東京証券取引所が公表していた「東証住宅価格指数」を引き継いだデータで、価格動向に関する国際的に比較可能な指標である。

首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の中古マンション市場を調査し、2000年1月の価格を100として指数化している。

発表によると、1月における首都圏総合の不動研住宅価格指数は、107.32ポイントだった。前月比0.48%のプラスとなり、19か月連続で上昇している。また、前年比では11.60%プラスと、二桁の上昇を示した。

東京都の価格指数は21か月連続で上昇
地域別の不動研住宅価格指数をみると、東京都が119.16ポイント。前月比0.40%プラスとなり、21か月連続で上昇している。

神奈川県は97.61ポイント。前月比1.13%プラスで、2か月連続の上昇となった。

千葉県は80.76ポイント。前月比で0.82%マイナスとなり、首都圏では唯一下落した。

埼玉県は88.30ポイント。前月比0.58%のプラスとなり、11か月連続で上昇している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

一般財団法人 日本不動産研究所のプレスリリース
https://www.reinet.or.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産投資スクエア、「オリンピック後の物件価値の推移予想」調査を実施 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。