不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

賃貸選びで重要な家賃!低家賃でも満足できる物件選びのコツとは?

2022/1/13 15:00

67%が「家賃・価格」を重視
リクルートは1月7日、「引越し先の賃貸物件を選ぶときに重視したことに関する調査」の結果を発表した。

調査結果によると、賃貸物件選びで重視したことの1位は、「家賃・価格」は67%だった。

2位は「間取り」の56.4%、3位は「立地・周辺環境」の53.9%で、過半数が重視したと回答している。

月収の3分の1以内で満足できる物件を選ぶポイント
賃貸物件選びで、重視する点のトップとなった「家賃・価格」。無理なく暮らすためには、家賃は「手取り月収の3分の1以内」が目安といわれている。

SUUMO副編集長の笠松美香氏は、家賃はもちろんだが、初期費用も含めた金額で検討することが大切だと解説する。

家賃が安くて敷金・礼金が高い物件と、家賃が高くて敷金・礼金が安い物件を比べると、3~4年でかかるトータルコストは、前者が割高になるという。

また笠松氏は、「月収3分の1以内に抑えつつ、満足できる物件」を選ぶためには、次の点がポイントを重視すべきだと述べている。

1点目は、急行停車駅周辺の各駅停車しか停まらない駅を選ぶこと。

2点目は、築浅にこだわらず、リフォーム済み物件も検討すること。

3点目は、 敷金や礼金がない、又は少ない物件を選ぶこと。

4点目は、マンションにこだわらず、アパートも検討すること。

5点目は、日当たりの良さにこだわらないこと。

賃貸物件オーナーにとっても、これらのポイントは、ユーザーにアピールしやすい利点といえそうだ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社リクルートのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001355.000011414.html

物件の選び方のコツをSUUMO副編集長が解説! 引越し先の物件選びで重視したことランキング
https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/10330.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京カンテイ、「中古マンション70平米価格月別推移」2018年8月版を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。