不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

新設住宅着工数、持家が11か月連続で増加-国交省

2021/11/2 17:00

住宅着工戸数は4.3%増の7万3178戸
国土交通省は10月29日、2020年9月の新設住宅着工の動向についてとりまとめた「住宅着工統計」を公表した。

これによると9月に新設された住宅の着工戸数は、前年同月比4.3%増の7万3178戸。7か月連続の増加となった。

9月の住宅着工戸数を利用関係別にみると、持家が同14.9%増の2万5659戸。11か月連続で増加している。

貸家は同12.8%増の、2万8254戸。こちらは7か月連続での増加となった。

分譲住宅の着工戸数は同14.9%減の1万8855戸。3か月振りに減少へと転じた。分譲住宅の内訳をみると、マンションが同39.4%減の7251戸で、2か月連続の減少。一戸建住宅は同14.6%増の1万1505戸。5か月連続の増加となった。

三大都市圏別の住宅着工戸数
三大都市圏別の住宅着工戸数は、以下の通りである。

首都圏は、前年同期比10.5%減の2万3080戸。このうち持家は同21.6%増の5477戸、貸家は同9.0%増の1万72戸、分譲住宅は同37.5%減の7463戸だった。

中部圏は、同13.8%増の8480戸。このうち持家は同7.7%増の3574戸、貸家は同15.5%増の2556戸、分譲住宅は同20.3%増の2288戸だった。

近畿圏は、同9.9%増の1万2436戸。このうち持家は同12.1%増の3382戸、貸家は同18.2%増の4980戸、分譲住宅は同3.4%増の3971戸となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

国土交通省のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_001015.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

分譲マンションの収益性が高い駅ランキングを東京カンテイが調査 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。