不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資特化型CFシステム「不特法クラウド」、最新版でeKYCに対応

2021/6/5 14:00

『不特法クラウド』の最新バージョン
株式会社レプスは、2021年5月31日、不動産投資型クラウドファンディングシステム『不特法クラウドver1.5』の提供を開始した。

同社は、不動産特定共同事業者向けに『不特法クラウド』を提供している企業。最新バージョンとして提供が開始された『不特法クラウドver1.5』では、eKYCの利用が可能となり、本人確認の手間を大幅に削減している。

会員の情報・出資状況を一元管理
『不特法クラウド』は、不動産の小口化やオンラインでの出資募集の支援に特化する形で開発されたクラウドファンディングシステム。税金や日割計算といった不動産ならではの仕組みや慣習に沿って設計されており、契約した会員の情報・出資状況を一元管理することができる。

同システムはまた、電子化免許取得前の段階に対応したサービスも提供。面前契約の顧客管理やサイトへの反映なども可能となっている。さらに、デザインやマーケティングに関する機能もオプションとして装備。紙媒体のデザインやランディングページ/SNSマーケティングなどの支援も、やはりオプションとして提供している。

投資家登録時の反社チェックも実現
今回提供が開始された『不特法クラウドver1.5』では、株式会社ネクスウェイが提供するKYC業務ソリューション『ネクスウェイ本人確認サービス』との連携を実現。この連携により『不特法クラウドver1.5』は、ハガキによる本人確認(KYC)に加えて、オンラインで本人確認が完結するeKYCも選択が可能となった。

『ネクスウェイ本人確認サービス』との連携ではまた、投資家登録時の反社チェックや本人確認業務の効率化も実現している。

外部リンク

『不特法クラウドver1.5』をリリースしeKYCに対応しました - 株式会社レプス
https://futokuho.cloud/v1-5-ekyc/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

野村不動産レジデンシャル投資法人、5物件を売却 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。