不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

マンション市場戸数、3期連続で減少-東京カンテイ調べ

2021/2/7 15:00

前年同期比1.0%減の11万4,892戸
東京カンテイは2月2日、「新築・中古マンションの市場動向レポート(2020年第4四半期)」を発表した。

これによると2020年第4四半期における、全国のマンション市場総戸数(「新築マンション供給数」と「中古マンション流通戸数」を合わせた数値)は、11万4,892戸だった。前年同期比で1.0%減となり、3期連続でマイナスが続いている。

新築マンション供給数は前年同期比2.0%減
マンション市場総戸数のうち、新築の供給数は前年同期比2.0%減の2万3,021戸だった。

新型コロナウイルス感染症拡大により販売活動が自粛され、第2四半期は供給戸数が急減。前年同期比で半減した。市場全体に占めるシェアも9.1%まで落ち込んだが、第3四半期には回復。今期も前年同期とほぼ同水準まで持ち直した。

中古マンション流通戸数は第3四半期を境に低水準へ
マンション市場総戸数のうち、中古マンションの流通戸数は、前年同期比0.7%減の9万1,871戸である。

首都圏の動きに引っ張られて、第3四半期を境に、前年同期の水準を下回る状況が続いている。

首都圏の流通戸数は第2四半期は前年同期比で4.3%減、第3四半期は5.4%減。そして今期は7.6%減と大きく下振れしていることからも、流通戸数の減少度合いが明らかに強まっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社東京カンテイのプレスリリース
https://www.kantei.ne.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

小田急小田原線・新宿~成城学園前間の駅別中古マンション価格、発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。