不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

コロナ禍で賃貸需要の郊外化が明瞭に-LIFULL調査

2020/9/11 15:00

新型コロナの影響で住みたい街はどう変わったのか?
LIFULLは9月8日、「LIFULLHOME'Sコロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表した。

LIFULLが運営する不動産情報サイト『LIFULLHOME'S』で公開している「住みたい街ランキング」に、新型コロナウイルス感染症がどのように影響を及ぼすかを明らかにするために実施した調査である。

首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)のLIFULLHOME'Sユーザーを対象に、2020年4月1日から8月18日までの期間、『LIFULLHOME'S』に掲載された賃貸物件のうち、問合せの多かった駅名をそれぞれ集計した。

4年連続1位の池袋が5位にランクダウン
「LIFULLHOME'Sコロナ禍での借りて住みたい街ランキング」は次田通りとなった。

1位は、小田急小田原線「本厚木」駅(神奈川県)。2位は、東京メトロ東西線「葛西」駅(東京都)。3位は、JR東北新幹線ほか「大宮」駅(埼玉県)。4位は、JR総武線ほか「千葉」駅(千葉県)。5位は、JR山手線ほか「池袋」駅(東京都)。

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、テレワークが浸透した影響か、4年連続1位の「池袋」が5位に後退。「本厚木」が前回4位から1位へと躍り出た。

上位にランクインした街の共通点は「都心方面へのアクセスに時間はかかるが、電車を乗り換えずに済むエリア」、「郊外のターミナル駅で駅勢圏が広く、生活利便性がよいエリア」である。

LIFULLは、
「感染リスクに対する安全性・安心感にも着目して住むところを選びたい」という意識が高まったことがうかがえます。
(プレスリリースより)

と分析している。

問合せ増加率トップ3は千葉県が独占
「コロナ禍での問合せ増加率ランキング」は次の通りとなった。

1位は、JR東総武本線「八街」駅(千葉県)で146%増加。2位は、JR内房線「姉ヶ崎」駅(千葉県)で140.3%増加。3位は、JR外房線ほか「大網」駅(千葉県)134.7%増加。

4位は、JR横浜線「相模原」駅(神奈川県)で133.8%増加。5位は、JR東海道新ほか「小田原」駅で127.9%増加。

ランキングトップ3は、千葉県郊外エリアの街が占めた。4位以下も「相模原」や「小田原」など、都心から50km圏を超えるエリアの街が並んでおり、賃貸ユーザーの「郊外化志向」が表れる結果となった。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社LIFULLのプレスリリース
https://lifull.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

Mack-Cali、米ニューヨーク州ホーソーンの物件売却 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。