不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資クラファン「CREAL」のブリッジ・シー・キャピタル、社外取締役を選任

2020/2/7 04:00

経営体制およびガバナンス強化が目的
株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、2020年2月3日、社外取締役1名を新たに選任したと発表した。

同社は、不動産投資クラウドファンディング『CREAL』の運営などを手がけ、ITを活用した新たな資産運用サービスの展開を企図している企業。社外取締役の選任は、経営体制およびガバナンス強化を目的とするものであり、同年2月1日付けで実施されている。

不動産に関わる様々な事業を展開
ブリッジ・シー・キャピタルは、アセットマネジメント事業や不動産販売・開発事業、PM・BM事業やクラウドファンディング事業など、不動産に関わる様々な事業を展開している。

同社は、少額かつ手軽に大規模不動産への投資を可能にして、「不動産投資の民主化」を実現すべく、『CREAL』も運営。不動産投資クラウドファンディングである同サービスでは、投資に必要な情報を積極的に提供すると共に、動画やイラストも豊富に使用。不動産投資に関わる様々な障壁を簡略した点が、大きな特徴となっている。

より一層のサービス向上に努める
今回ブリッジ・シー・キャピタルの社外取締役に就任したのは、定形哲氏。定形氏は、1974年に三菱銀行へ入行し、1996年からは市ヶ谷支店長を、2002年からは東京三菱銀行シンガポール支店長を務めた人物。2005年には電通国際情報サービスに入社し、執行役員に就任している。

定形氏を新たに迎えることでブリッジ・シー・キャピタルは、より一層のサービス向上に努めるとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ブリッジ・シー・キャピタル、社外取締役を新たに選任 - 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
https://bridge-c.com/news/20200203_1605

最新ニュース

関連ニュース

コメント

Annaly Capital Management、優先株式償還の配当を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。