不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

歌舞伎町に新たなランドマーク!歌舞伎町一丁目地区の再開発に着工

2019/8/10 20:00

ホテルや映画館、劇場、ライブホールなどが入居
東急電鉄および東急レクリエーションは8月5日、「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」に本格着工すると発表した。

この再開発計画は、複合娯楽施設「新宿TOKYU MILANO」の跡地を中心とした、歌舞伎町一丁目地区の開発プロジェクト。敷地面積は4600平米で、地上48階、高さ約225メートルの高層複合ビルに生まれ変わる。

ビルには映画館や劇場、ライブホールといったエンターテインメント施設に加え、東急ホテルズが運営するホテルも入居する。

エンターテイメント施設と連動するホテルも入居
東急ホテルズが運営するホテルは、地上100メートルを超えるルーフトップが設けられ、高層階にはアートや音楽といったカルチャーを織り込んだ客室などを整備する。

映画館や劇場、ライブホールなどのエンターテインメント機能とホテルが連動し、“眠らない街”新宿歌舞伎町のナイトタイムエコノミーの活性化に貢献する。

建築設計は外装デザイナーとして永山祐子氏が、ファサードや照明デザインなどを中心に担当。新宿駅西口の超高層ビル群や周辺建物と調和するスカイラインや、眺望点を意識した景観を形成し、新宿歌舞伎町の新たなランドマークを目指す。

また、高層複合施設の建設と同時に、リムジンバスの乗降場整備や、西武新宿駅前通りのリニューアルなども実施。まちの回遊や、にぎわいの創出も図る。

外部リンク

東京急行電鉄株式会社、株式会社東急レクリエーションのプレスリリース
https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20190805_1.pdf



最新ニュース

関連ニュース

コメント

「フラット35」金利、下げ止まらず7か月連続で最低記録を更新 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。