不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

大江戸温泉リート投資法人5月期決算を発表

2019/7/26 20:00

「鬼怒川観光ホテル」と「江戸温泉物語 幸雲閣」が不調
大江戸温泉リート投資法人は7月19日、2019年5月期決算を発表した。

これによると5月期(2018年12月1日~2019年5月31日)の営業収益は前期比で1.0%減の14億3400万円、営業利益は同2.2%減の6億9900万円、経常利益は同3.1%減の、5億6000万円だった。

5月期の純利益は同3.1%減の5億5900万円、1口当たり分配金は同77円減の2377円となっている。

最大物件である「大江戸温泉物語 レオマリゾート」と「伊東ホテルニュー岡部」のRevPAR(販売可能な客室1室あたりの売上値)の改善がみられた一方で、「鬼怒川観光ホテル」と「江戸温泉物語 幸雲閣」の売り上げが低下した。また、5月期においては、物件の入れ替えはなかった。

5月期末時点でのポートフォリオは14物件で、総取得価格は367億5百万円)。賃貸借の稼働率はマスターリース契約により100.0%を維持している。客室稼働率は86.7%と、前年同期を上回った。

次期分配金の予想は2368円
次期となる2019年11月期の営業収益は14億3300万円、営業利益は6億9100万円、経常利益は5億5800万円の見込み。

純利益は5億5700万円、1口当たり分配金は2368円と予想される。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

大江戸温泉リート投資法人のプレスリリース
https://oom-reit.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

森トラスト、箱根の高級老舗旅館「強羅環翠楼」を取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。