不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

市場環境は安定。JLL日本、「日本の商業用不動産投資額 2019年上半期」速報値を発表

2019/7/30 01:00

速報として明らかに
ジョーンズ ラング ラサール株式会社(以下「JLL日本」)は、2019年7月23日、『日本の商業用不動産投資額 2019年上半期』の速報値を発表した。

同社は、総合不動産サービス大手・JLLの日本法人。今回の発表では、2019年上半期および2019年第2四半期における日本の商業用不動産投資額を、速報として明らかにしている。

2018年とほぼ同水準になった
今回発表された速報値によると、2019年上半期における日本の商業用不動産投資額は、2兆2270億円となった。前年同期比では、1%減となっている。2019年第2四半期については、1兆200億円をマーク。前年同期比では、29%増という伸張を見せた。

この結果についてJLL日本は、2019年上半期の投資額が2018年とほぼ同水準になったことを指摘。第2四半期における前年同期比29%という増加分が、同17%減という第1四半期の減少分を補ったと考察している。また2019年下半期については、上半期と同様に安定した市場環境が続くと予想している。

レポートは8月中旬に発行される予定
JLL日本の親会社であるJLLは、投資家のアンビション実現をグローバルに支援している総合不動産サービス企業。不動産に関わる全てのサービスをグローバルに提供すべく、世界80ヵ国にて事業展開を行い、従業員約91000名を擁している。

なお、日本の商業用不動産投資を分析したレポートは、『JLLジャパン キャピタル フロー』として2019年8月中旬に発行される予定。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ジョーンズ ラング ラサール株式会社
https://www.joneslanglasalle.co.jp/

JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年上半期 速報値を発表 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏、弱含み傾向から一転。2018年10月の新築小規模一戸建て平均価格発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。