不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京23区の最新動向。マーキュリー、「月例新築マンション動向」1月号速報を発表

2019/1/20 22:00

マンションの最新動向を伝える
株式会社マーキュリーは、2019年1月15日、『月例新築マンション動向』1月号の速報を発表した。

同社は、新築マンション業界において導入シェア9割を誇るというマーケティングシステム『サマリネットシリーズ』を提供している企業。今回発表された速報では、2018年12月の東京23区におけるマンションの最新動向を伝えている。

約220万戸の新築マンションデータを保有
マーキュリーは、『サマリネットシリーズ』の提供を中心として、約20年にわたって不動産業界向け情報サービスを展開。1995年以降に分譲された約4万物件、住戸数にして約220万戸の新築マンションデータを保有している。

これらの情報を活用する形で同社は、不動産業界向けの会員制情報サービス『Realnet』も運営。ビッグデータを活用したレポートやオリジナルの取材記事などを配信するサイト『Realnetニュース』も運営しており、『月例新築マンション動向』も同サイトにて公開されている。

渋谷区の平均価格変動率、103%のプラス
『月例新築マンション動向』1月号の速報では、東京23区の前年同月からの平均価格変動率(%)を算出し、ポリゴン表示した地図データなどと共に発表している。

この発表によると、渋谷区の平均価格変動率が、前年同月と比較して103%のプラスとなった。続く形で、台東区が91%のプラスをマーク。逆に荒川区は、33%のマイナスとなっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

月例新築マンション動向 1月号((速報) - 株式会社マーキュリー
https://news.real-net.jp/pickup/90783

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京オフィス賃料、継続的に上昇 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。