不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

「2017年江東区タワーマンション価格上昇率」TOP10を発表-マンションマーケット

2017/10/2 04:00

最も価格が上昇したタワーマンションは?
マンションマーケットは9月28日、「2017年江東区タワーマンション価格上昇率」ランキングTOP10を発表した。

運営するサイト「マンションマーケット」のデータを元に、江東区のタワーマンションの2016年8月と2017年8月の平米単価の平均を比較し、価格上昇率の高かった上位10物件を調べた。

調査結果によると、第3位は「スカイシティ南砂」だった。昨年10月から今年7月にかけては、平米単価42万円台と横ばいで推移していたが、7月以降からはやや下落基調となった。現時点では下落は止まっており、40万円台を維持しているものの、今後の価格動向に注目したいマンションとなっている。

1位と2位は、平米単価80万円体を突破
第2位にランクインしたのは、「イーストコモンズ清澄白河セントラルタワー」。

昨年8月から12月にかけて価格を伸ばしており、今年に入ってからは江東区のタワーマンションの平均平米単価を30万円近く上回る高値を記録した。現在に至るまで80万円台を維持しており、順調に推移している。

第1位には「ブリリア有明シティタワー」が輝いた。平米単価80万円前後と、高い水準で価格を維持しており、非常に安定した価格推移が続いている。右肩上がりの上昇は現在も好調で、9月には90万円台に突入した。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社マンションマーケットのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/138994

株式会社マンションマーケットのホームページ
https://corp.mansion-market.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

2013年全国のマンション市場動向(1~12月)を発表、不動産経済研究所 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。